内科と外科の違いって何?具体的な違いなどを初心者にも分かりやすく解説

このサイトでは内科と外科の違いについて、具体的に分かりやすく説明していきます。
「どのように違うのか」「医師の数はどちらが多いのか」「それぞれの看護士の仕事も違うのか」など、初心者が知りたい内容となっています。
病名を知っていても、どの科で診てもらえばいいのか分からないケースはよくあります。
間違った科を受診したら、時間とお金の無駄です。
そんな不安を解消するために、それぞれの特徴などを詳しく見ていきます。

内科と外科の違いって何?具体的な違いなどを初心者にも分かりやすく解説

内科と外科には様々な違いがありますが、一番困ることは何科を受診すればいいのか分からない場合です。
そんなときは、まず症状がある部位を専門に診ている診療科や病院をあたります。
例えば口の中のトラブルなら耳鼻咽喉科、皮膚のかゆみや痛みは皮膚科などです。
しかし初心者には、症状の内容がよく分からないことがよくあります。
素人の判断で、取り返しのつかなくなってしまうことも考えられます。
そのため内科と外科の判断に迷う場合は、病院に直接問い合わせたりメールや電話で相談したりすることが大切です。

内科は薬剤投与、外科は手術による治療が中心

眼科・耳鼻科・神経科など医療機関にはさまざまな診療科目がありますが、それらの中でも最もポピュラーな存在と言えるのが内科と外科です。
ともに日常的に起きる頻度の高い傷病を治療としている点に共通点がありますが、それらの傷病に対するアプローチの仕方は対象的です。
両者の違いはその名称に表れている通りで、内科は主として身体の内側、すなわち臓器や血管などに関する疾病治療を扱います。
風邪や腹痛、各種アレルギー症状などが主な対象です。
これに対して、外科では皮膚や筋肉、骨などに関する外傷を主として扱います。
切り傷を負った、骨が折れたなどの場合がこれに該当します。
治療方法についても、それぞれ対象とする傷病の性質に応じたものとなります。
内科で中心となるのは薬剤投与で、いわば間接的なアプローチによって熱を下げたり痛みを抑えたりします。
一方、外科では薬を塗ったり包帯を巻いたりといった直接的なアプローチがメインで、その最たるものが手術です。
折れた骨をつなぎ直したり、腫瘍を切除したりして傷病の原因をじかに取り除きます。

内科と異なり外科は紹介で受診するケースが多い

かかりつけ医がいると、体調が悪くなったときでも自分の顔を覚えてくれているので何となく安心などのように考える人は多いのではないでしょうか。
この場合のかかりつけ医というのは医療機関の中でもその中心的存在ともいえる内科で、総合的に疾患の原因や有無などを調べて貰い、必要に応じて専門医への紹介といった形になるのが一般的です。
仮に、お腹が痛いなどの理由で内科を受診することもあるかと思われますが、お腹の痛みの現認が盲腸となったとき手術を行うことができるのは外科医になりますので、内科から外科への紹介で手術を受けることになるわけです。
仮に、その医療機関が入院患者を収容可能な施設の場合には、内科や外科などの診療科が用意されているので診察後に外科医に情報が伝わり、その日の内に手術などの流れになることも少なくありません。
しかし、その病院に入院施設がないとなったときには外科医がいる病院を教えて貰ったり急を要するときなどは救急搬送が行われることもあるようです。

体への負担の大きさも内科と外科の違いの一つ

内科と外科の違いは、簡単に説明すると手術をするかどうかにあります。
内科は薬を用いて体の内側から病気を治療を試みるのに対して、外科は手術をすることでケガや病気の治療にあたります。
侵襲という言葉がありますが、これは体の内部の恒常性を損なう可能性のある刺激全般を表しています。
医療行為においては体を傷つける治療のことを侵襲という言葉で表現し、より体への影響がある治療のことを侵襲が大きい治療といいます。
この観点で見た場合、手術を行なう外科は体への負担があると言えます。
内科と外科でわかりやすく体への影響を比較すると、例えば心臓手術の場合、外科は体を切り開き体内に手を入れて治療しますが、内科はカテーテルと内視鏡という医療器具を使用して治療にあたります。
直接手を入れて臓器に触れる外科手術と、血管にカテーテルを通して血管の詰まりを治療するのでは、どちらが体への負担が大きいのかというと当然、外科手術ということになります。

内科と外科の治療費の違いはどれくらい?

病院やクリニックで治療をする場合は、治療費も発生します。
そして、選ぶ治療方法や受診する科によっても費用は大きく変わってきます。
内科は多くの人が利用していますが、主に薬を使う治療が中心になるので、治療費用は比較的安く抑えることができます。
血液検査などの検査を行う場合は、費用が高くなる場合もあります。
外科も多くの人が利用していますが、外科では手術による治療が中心です。
それゆえ、薬だけの内科治療に比べると費用は高くなると考えておきたいところです。
手術をした場合は入院が必要になるケースも多いので、入院が長くなればそれだけ多くの費用が発生すると考えておきましょう。
それから、治療も保険適用のものと自由診療があります。
保険適用の治療なら、健康保険が使えるので治療代が安くなることも多くなっています。
原則的にはかかった費用の3割を負担することになります。
自由診療では、より高度な治療や高品質な治療を選ぶことができますが、すべて自己負担になるので費用は高くなります。

幹細胞培養上精液療法が受けられる内科クリニック

血液検査を受けるたびに血糖値・中性脂肪値・LDLコレステロール値の高さを指摘され糖尿病や動脈硬化のリスクが気になる、シワや肥満や薄毛やシミや白髪やたるみなど見た目年齢を上げるエイジングサインが増える一方でどんどん老けていく、倦怠感や疲労感がつきまとう毎日でアクティブに仕事に取り組めずモチベーションも上がらないなどの悩みがあり、本格的なアンチエイジングを考えているという方は多いのではないでしょうか。
そんな方に試して欲しいのが、内科クリニックでの幹細胞培養上精液療法です。
長く付き合っていく予定のかかりつけの内科クリニックを探しているなら、先進的で革新的なアンチエイジング治療である幹細胞培養上精液療法を導入しているところを選ぶべきです。
再生医療の一種で注射や点滴でダイレクトに成分を血液に注入しますので、即効性があるというのも信頼できるポイントです。
細胞レベルでのアンチエイジングが叶い、見た目が若々しくなるだけではなく組織も若返り病気予防にもつながります。

内科で行われているキレート療法の特徴とは

内科を始め様々な医療機関で導入されているのが、「キレート療法」です。
このキレート療法は別名キレーションとも呼ばれ、有害物質を吸着する薬剤を使用することで貴金属をはじめとした、有害物質を取り除くことを目的とした療法です。
この治療を受けることで加齢によって生じる様々な症状を軽減させ、活き活きとした生活をサポートしてくれるメリットがあります。
この療法をおすすめする人の傾向として、疲れやすく体調を崩すと回復が遅いと感じている方や、血圧やコレステロール値が高く、体脂肪率も高い方、肌荒れや皮膚病、ニキビなど肌の調子が悪い方や、むくみや便秘、頭痛などの体調不良に悩んでいる方などが挙げられます。
内科で行われる治療は主にキレート剤を点滴で注入し、体内に蓄積している有害金属や有害物質を吸着させ尿や汗と一緒に体外に排出させる流れです。
比較的若い年齢層で動脈硬化治療の必要がない場合はCa-EDTA点滴、動脈硬化改善作用と金属排泄促進作用を共に得たい人に向けてはMg-EDTA点滴は利用されます。

内科で受けられる点滴療法にはどんな種類がある?

内科では疾患に応じた様々な治療が行われていますが、近年注目されているのが「点滴療法」です。
この点滴療法は従来の有効成分を経口摂取する方法よりも、直接静脈内に投与することが可能なため様々な病気に高い効果が期待できる治療法となります。
実際に治療に使用される療法は様々な種類があり、例えば膵臓がんや肝臓がん、大腸がんなどのがん治療には「高濃度ビタミンC点滴」があり、がん患者の痛みや倦怠感、食欲低下や不眠などの症状を改善しQOLを維持する効果があることがわかっています。
他の治療との併用によってがんの進行の停止や、腫瘍の縮小例の報告もあり、従来の化学療法のような辛い副作用がほとんどないといった利点も持ちます。
高濃度ビタミンC点滴は、美肌や抗酸化作用、疲労回復といったアンチエイジングの面でも高い効果が期待できます。
内科で使用されているのは他にも、関節リウマチや加齢性黄斑変性、ウイルス性疾患には「血液オゾン療法」や、アトピー性皮膚炎や肝硬変、更年期障害の改善には「プラセンタ療法」、脳梗塞やアルツハイマー病、AGAの治療には「幹細胞培養上清療法」などが用いられています。

正しい知識を知っておきたい!内科でできる腸内洗浄とは?

近年、話題の健康法として取り上げられるようになった腸内洗浄を知っていますか。
特に便秘でお困りの方には耳馴染みがあるかもしれません。
その名前のインパクトから興味はあるけれど、不信感もあるというのが多くの人の本音ではないでしょうか。
腸内洗浄、通称コロンハイドロセラピーは、殺菌した温水を使い腸内を洗浄するというものです。
腸内に長い間、溜まっていた老廃物の排泄をサポートしてくれます。
従来の便秘薬は化学物質を多く使用しているため、身体に負担が大きくかかっていました。
一方、この方法は温水を使うため、比較的身体に害の少ない施術になります。
もちろん注意も必要です。体質的に合わない方が無理に大腸洗浄を行うと、逆に大きく体に負担をかけてしまいます。
また料金は自己負担になってくるので、お財布との相談も必要です。
大腸洗浄に興味を持った方は、施術を行なっている近くの内科に相談することをおすすめします。
専門の内科であれば、適切なカウンセリングを行ってくれるでしょう。
正しい知識を得て、健康を保ちましょう。

内科で行われている成長ホルモン療法とはどんな効果がある?

内科では症状に応じた様々な治療が行われていますが、その1つが「成長ホルモン療法」です。
成長ホルモンというと子どもの成長に必要なものというイメージがありますが、脳の下垂体から分泌されるホルモンであり、身体の各器官に働きかけて成長を促したり傷ついた組織を修復する作用を持っています。
成長ホルモンは加齢と共に低下していくとされ、思春期の前の値が100%とすると、思春期後期で多くなり約200倍となります。
その後は年齢と共に減少していき、30代~40代では約50%、60代では30%までに減少します。
では内科で行われているこの療法で得られるメリットは、除脂肪組織の増加を引き起こし体脂肪や内臓脂肪を減少させたり、骨皮質や骨形成の増加、骨密度が上昇するなど骨を上部にします。
さらに筋肉の再構成に重要な役割を果たしており筋力のアップや、心臓病リスクを減らすなどの様々なメリットが得られます。
他にも認知症や糖尿病の予防など、健康面や美容面で高い効果を期待できる療法です。