内科と外科では看護師の違いもあるの?

内科と外科では看護師の違いもあるの?

看護師の仕事は、同じ医療機関で働く場合でも職場によって内容が大きく異なります。
内科は、原因の分からない体調不良の患者さんが多く診察に訪れる場所で、主に薬剤を使用して治療を行います。
そのため、幅広い病気の治療を対象としています。
主に内科では、外来と病棟との2種類があり、外来では診察の介助がメインになります。
その他にも医師の指示で点滴を行ったり、必要な検査等を行います。
病棟では入院患者さんの内服や点滴がメインになりますが、毎日きちんと症状を 観察することも大切な業務内容です。
一方、外科の看護師は訪れる患者さんの優先順位を判断し、診察室へ案内することも大切な業務内容になります。
外科の外来には、さまざまな患者さんが来ます。
症状の経緯や状態をきちんと確認して緊急性の高い患者さんを優先的に診察に回すことが大切になります。
その後、処置や診察等の介助等を行います。
消毒液やガーゼ、包帯など治療に必要なものを準備し、スムーズに診察ができるように気を配ることが大切です。

内科は診療科名を見てどこを受診すればよいのか決める

病院やクリニックの診療科目はたくさんありますが、大きく分けると内科と外科に分けられます。
手術をする外科と違い内科は主に薬を用いて体内から治療する診療科で、対象とする臓器や器官によって複数の科に細分化されています。
総合病院で受診に迷って相談したとき、まず窓口になることが多い診療科でもあり、紹介によって受診するケースが多い外科とは異なります。
もちろん診療する医師は医学部で全ての診療科について学んでいるので様々な知識があります。
それでは実際に体調が悪くなった際に、どの診療科で診てもらえばよいかですが、たとえば胃や腸の具合が悪い場合は消化器科に行きたいですが、看板に循環器・一般内科しか表示されていない場合はどうすればよいのかということになります。
ですが、こうした場合でも問題なく診てもらうことができます。
科名の表示にはルールがあるので、このような場合は循環器以外は一般内科で担当するということを示しているのです。